ツルギフォトニクス財団  (Tsurugi-Photonics Foundation)

Top (2018年09月以降)ご挨拶2018年度上期活動2017年度活動2016年度活動2015年度活動財団の理念と事業国際会議リンク学協会リンクEnglishContact

2018年7月16日  IPDA研究会@東大・本郷

電子情報通信学会のIPDA研究会が東大・本郷にて開催され、調査研究で参加するとともに、代表理事は講演会前半の座長を担当しました。

 

 

   

IPDA委員長の横浜国大・馬場先生より開会のご挨拶。

 

 

   

出席者は90名以上と盛況でした。

 

 

  

前半の特別公演は東大の小林先生から"High-power laser systems for intelligent laser manufacturing"の題目でご講演行われました。

 

 

   

 

   

後半の特別公演はドイツFerdinand-Braun-Instituteの

Paul Crump氏から"Progress in high power diode lasers

at the FBH Berlin: Power, beam quality and efficiency"

という題目でご講演が行われました。

 

 

   

京大の野田先生からはISLCでも高得点であった高出力PC-VCSELについて、"High-power and high-beam quality photonic crystal lasers"という題目でご講演があり、現状の最新データも説明がありました。

 

 

   

意見交換会は、副委員長のNTT・松尾氏の乾杯で開始。  

   

 

   

今回は藤倉・山口氏、MACOM・山崎氏などレーザ関係では企業からの参加も多くみられました。

 

 

   

元NEC・水戸氏も参加されていました。また古河・粕川氏は講演会後半の座長も担当されました。